審美歯科

審美歯科について

審美歯科とは審美歯科とは、従来の虫歯や歯周病治療等の通常の歯科治療に見た目の美しさをプラスした歯科治療です。歯を白くしたり、歯並びをキレイに、また歯茎の色を健康的なピンク色に改善するなど、美しく健康的なお口もとを作ることを目的としております。

歯を削らずに歯の色を白く綺麗に美しくするには、歯の表面の汚れをとるクリーニングと歯の色そのものを白くするホワイトニングがあります。しかし、クリーニングとホワイトニングは歯並びまではキレイにすることができません。歯並びを美しくするには矯正かかぶせ物による治療を行うことになります。

歯のクリーニング

歯のクリーニング

紅茶やコーヒーの成分などによる歯の汚れをとり、本来の歯の色に戻す治療を言います。プラークの付着、虫歯、歯肉炎の発生を抑えることにより、歯科疾患の予防にもつながります。初期虫歯への再石灰化促進、カルシウム補給、歯肉炎の抑制の効果もあります。

ホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングとは、変色した歯の表面に薬品を塗って脱色しながら色素を取り除いていく方法です。歯を削らずに自然な感じの白さにすることができます。痛みもありません。 生まれつき歯が黄色、茶色っぽい、年齢とともに歯が変色してきた、コーヒーやたばこ等で歯に色が沈着してきた、その他いろいろな変色歯に効果的です。

FAPホワイトニング

FAPホワイトニング歯の表面に漂泊薬を作用させて白くする方法は、歯に対するダメージが最も少ない方法として現在注目されています。

当院で行っているFAPホワイトニングはエナメル質表面の汚れを分解除去して歯のカルシウム(フッ化アパタイト)を一体化させる方法です。

一般的漂泊法と比べて表面が滑らかに白くなるため効果は長期間維持でき、フッ素により歯質強化されるため虫歯予防効果も期待できます。

STEP1
保護剤の準備

保護剤の準備歯茎を保護する際に使用するワックス状のお薬をヒーターで温めます。

STEP2
歯茎の保護

歯茎の保護漂泊する歯の周りにワックスを塗り、歯茎を保護します。

STEP3
漂白薬の準備

漂白薬の準備歯に塗布するペースト状の漂白薬を作ります。

STEP4
漂白薬の塗布

漂白薬の塗布歯茎に付かないように、歯の表面に漂白薬を塗ります。

STEP5
拭き取り

拭き取り15分後、拭き取り水洗いします。唇や歯ぐきに付いている保護剤を取り除いて治療は終了です。

パウダークリーニング

ホワイトニングタバコのヤニや茶渋は通常のクリーニングでは完全に除去出来ないため、微粒子の炭酸水素ナトリウムを専用の機械を使って噴射し、着色汚れを除去します。

ホワイトニング仕上げに資質を強化するペーストで、着色の再付着を少なくするよう磨き上げます。
※ナトリウム成分を含むため、塩分制限のある方は要相談となります。

 パウダークリーニング

PTC(プロフェッショナルティースクリーニング)

歯ブラシでは取りきれない汚れや菌の塊を専門の歯科衛生士がフッ素入りのペースト、ハイドロキシアパタイト配合のペーストを使用して、歯をつるつるにしていきます。

 PTCラバーカップ、ブラシ、歯間カップで丁寧に磨いていきます。

 PTC仕上げにフッ素を塗布していきます。

フッ素塗布

フッ素は歯質を強くし再石灰化を促進する効果が あります。ムシ歯予防にはとても効果があります。歯科医院で行なうフッ素塗布は、家庭用の物より高濃度のフッ素を使用します。

 パウダークリーニング最初にフッ素なしの研磨剤でお口の中をお掃除します。

 パウダークリーニングトレー法
お口の形に合ったトレーに泡状のフッ素を盛り、トレーを噛んでもらい4分間浸透させます。

 パウダークリーニング歯ブラシ法
歯ブラシで、ゲル状のフッ素を塗布していきます。トレー法よりも浸透させる時間が短いので、効果は劣りますが、トレー法が難しい小さなお子様でも行うことが出来ます。

※どちらの方法でも処置後、最低30分、理想的には1~2時間ご飲食を避けていただくと効果的です

たまみ歯科からのお願い